療養型病院とは、長期の医療介護ケアを必要とする方向けの介護保健施設であり、医療施設です。医療サービスは他の介護施設よりも充実しており、利用者の人気も高いです。医療保険適用対象の「医療療養病床」と介護保険適用対象の「介護療養病床」の二タイプがあります。
 
病院と療養病床の違いは、一見すると外観上は見分けがつきにくいですが、目的が病気の治療ではなく、あくまでも療養である点がポイントです。症状が悪い時は病院で治療し、その状況からの回復期において自宅療養が諸事情で難しいが病院への入院も難しい方が利用することを想定しています。
つまり特別養護老人ホームや老人保健施設への入居者よりも、介護度が高く長期の医療ケアも必要な方の利用を想定した施設なのです。しかし、医療や介護が不要な方の入居者の割合が多く、厚生労働省では介護型の療養病床を廃止する方針を打ち出しています。今後は通常の会老人保健施設よりも医療面を充実させた「新型老健」と呼ばれるタイプの施設へ転換を進めていくようです。
 
特徴を簡単に説明すると、医療スタッフ(看護師、医師)、介護福祉士、管理栄養士などの専門職が常駐しており、介護施設の中で最も充実した医療が受けられます。入居の条件は原則65歳以上、要介護1以上で医療措置が必要な方が対象です。老人ホームなどと違い入居一時金は不要で、サービスの内容や居室のタイプによって差はありますが、目安としては、介護保険適用後で10万~25万程度の月額利用料を払う必要があります。